坪尻駅

最寄り駅は坪尻駅。

 坪尻駅は1929年、勾配があり、駅間が長い区間の途中で列車の行き違いのために設ける「信号場」として設置されました。

 本線から出て引き上げ線でいったん停車し、再び本線に進入する「スイッチバック」式の駅。四国では同駅と新改駅(高知県)の2駅のみです。

 1950年に地元住民の要望により駅に昇格し、当初は駅員が常駐しました。当時は毎朝多くの生徒や、タバコの葉や野菜を担いだ人たちであふれていました。

 1960年代頃から集落に道路ができ、自家用車が増えたため、駅の利用者は激減し、70年に無人駅となりました。

駅に行く車道はなく、近年、人里離れた「秘境駅」として全国の鉄道ファンの注目を集めています。

 

1/5
  • Facebook - Grey Circle
200123山下農園修正_縦_青.png